新卒入社1年目のSOD女子社員ハーフ美女「宮崎リン」AVデビュー

AV出演(デビュー) 南国から来たハーフの子 SOD女子社員 新卒入社1年目 宮崎リン

【最高の新卒社員がAV出演】こんなにも可愛い社員をAVに出演させていいものなのか?自然豊かなバンコクで生まれ育った彼女の笑顔は本当に愛らしく、人懐っこい性格も社内で大人気。そんな彼女、実はとってもスケベちゃん!先輩社員からの打診でAV出演体験をしてみましたが感度が良すぎて初SEXではまさかの涙が…。

引用元:FANZA
宮崎リンちゃんメモ
  • SOD女子社員
  • 身長:153cm
  • スリーサイズ:不明
  • 出身:バンコク
  • 趣味:アニメ、漫画、ゲームオタク

日本とタイのハーフ美人「宮崎リン」ちゃん

SOD現役女子社員さん、「宮崎リンちゃん」が衝撃のAVデビューを飾りました。



宮崎リンちゃんは、日本とタイのハーフなんです、、、めちゃくちゃ可愛い(*ノωノ)♡



サンプル動画では、SOD本社にて、普段の仕事風景からのイメージショット。



からの、いきなりの涙!!


えっ!?、、、、とビックリしましたが、緊張とあまりの気持ちよさに涙が出ちゃったみたいです(びっくりしました)


もはや感情移入してしまって萌えに萌えているのですが、激カワな宮崎リンちゃん、Hを楽しんでいる宮崎リンちゃんをめいいっぱい楽しみながら感じられる作品となっています(*ノωノ)♡


こんな子と同じ職場のSOD社員さんは羨ましいっす♪色々な想像をしている方が絶対にいらっしゃいましたね(個人の想像です、、w)





もともと、性産業に興味があったみたいですが、周りの友人には清楚キャラで思われていたらしく、中々Hでアダルトなお話を出来る機会がなく、そんな自分を変えたくてデビューに至ったとの事。



色々つらい時期や悩みがあったと思いますが、このご本人の決意!!しっかり伝わっておりますよ♡(´;ω;`)♡

日間SPA!さんで、宮崎リンちゃんのインタビュー記事を発見。デビュー時の赤裸々な気持ちが書かれている良いインタビュー記事なので是非見てください⇓

ツイッターでバズった挨拶とは?

「母がタイ人で、私は幼少期をタイで過ごしました。そんなこともあって、私は読めこそしませんがタイ語を話すことができます。動画を上げたのは、Twitterを始めて、私がタイとのハーフだということもあり、少しずつタイのフォロワーさんが増えていて。  それで日本の方だけでなく、タイ圏で応援してくれる人にもちゃんと挨拶したいなあと思ったからです。タイのメディアが取り上げてくれたことやタイの有名な方が引用リツイートしてく入れたことで、一気に広がっていって……自分でもびっくりです」(宮崎リン、以下同じ) 宮崎リン@rin_miyazaki_

ขอขอบคุณ
พูดภาษาไทย#タイ語#SOD女子社員 #ハーフ

埋め込み動画

9,655Twitter広告の情報とプライバシー4,285人がこの話題について話しています※ツイッターに投稿した挨拶の翻訳 こんにちは。 私の名前は宮崎リンです。 私はタイ語が読めませんが、タイ語を話すことはできます。母がタイ人で父が日本人です。 私のツイッターのフォローをしてくれますか?本当にありがとうございます!  現在、フォロワーは過半数がアジア圏の外国人だという。アジアの人口の多さならではの爆発力も感じる。日本人フォロワーと、一気に増えたアジア圏のフォロワーの反応の違いを、彼女はこう語る。 「日本のフォロワーさんたちはTwitterでは主にリプライを楽しんでくれている方が多くて、応援してくれているという印象が強いです。それと比べると、海外のフォロワーさんは私の何気ないツイートを引用ツイートしてくれる人が多くて、褒め言葉もすごくストレートで。それはそれでとても嬉しいですね。  そして、タイのフォロワーさんたちがみな『日本のSOD』というメーカーを知ってくださっているということもすごく嬉しかったですね」  実際、秋葉原などの販売店では台湾や香港、タイなどのアジア圏旅行客がDVDを購入してくれることも多いという。ツイートを通してタイ現地でもまとめ記事など多くネットで拡散されており、彼女も今後、「アジアでの活動も視野に入れていきたい」と語ってくれた。

AVデビューはするけど…会社員としての気持ちが強い

 そんな宮崎、前出の通り、5月にはSOD女子社員としてDVDデビューも決まっている。大学卒業後に新卒入社した彼女が、AV女優としてデビューすることになったとは驚くばかりだ。

宮崎リン

「SODには就活当初からとても興味があって、内定をもらった時は嬉しかったです。もともと、性産業にはすごく興味があったんです。大学では周りからすごく“清楚な女の子”というキャラ付けをされていて、エッチなことに興味はあっても、そういうことを話せる人が全然いなくて。そんな自分を変えたかったんですよね。インターンの時はADなど、裏方の仕事も凄く楽しくて勉強になりました。そして周りからの後押しもあって、デビューすることにしました」  22歳の女の子が、堂々と「性産業に興味がある」と言えるようになったのは、ある意味時代の大きな変化も感じる。デビューのことは、彼女の姉妹も知っているという。 「でもやっぱり、私は女優である前に、ソフト・オン・デマンド株式会社の一社員だという気持ちが強くあって。フォロワーさんたちが私のことを応援してくれているのはすごく嬉しいのですが、私を通して弊社を応援して頂いている、大切なユーザー様だと思っています」  と、新卒らしいフレッシュな愛社心も語ってくれた。20卒の学生は内定の取り消しなど苦境を強いられている人が多い中、まさかのアジアバズ。ある意味稀代な新卒となったようだ。

引用元:日間SPA!
インタビュアー:ミクニシオリ
https://nikkan-spa.jp/1662829
おすすめの記事